▼ これがエントリー・利確のサイン

(ドル円 1時間足)

 <シンプルな売買ルール>

白サインの後の緑・赤サインでエントリー!

 (または、ストキャス青ラインを超えたところの緑・赤サインでエントリー)

逆方向の白サインで利確!

これだけです。


・矢印サインとストキャスティクス線の関係

【矢印サインとストキャスティクス線】

(天底チャートでは、ストキャスティクスをより重視していますので、矢印サインも

ストキャスの波動に基づいています。説明上、上図からRCI部分は外しています。)

  

■   矢印サインの説明

 白矢印     − 上限、下限域(天井圏、底値圏)での逆張りサイン

                  (天井圏、底値圏の可能性大)

矢印 − 上限、下限域以外(天井圏、底値圏以外)での順張りサイン

                   (上昇時の押し目買い、下落時の戻り売りのポイントの可能性大)

 

■  ストキャスティクス線の構成と見方

 白 − 超短期線

ピンク − 短期線(3本)

 − 中期線(3本)

青 − 長期線


ストキャスティクスの線は、白・ピンク3本・緑3本・青の線で構成されています。

 

上のチャート図のように

白・ピンク3本・緑3本全てが、青ラインの上で、右肩上がり方向であれば、上昇相場

白・ピンク3本・緑3本全てが、青ラインの下で、右肩下がりであれば、下落相場

が基本中の基本となります。

 

ストキャスティクスの上下限の枠の中(0〜100目盛)で、それぞれのラインが収斂拡散

繰り返します。

 

基本的な流れとしては、

上昇相場で、’鬚上限に接し白がピンクを下抜きピンクが緑を下抜きで鬟團鵐緑の全て

が青を下抜き(この段階で、全てのラインが青の下に位置します)、下落相場に入ります。そして

’鬚下限に接し白がピンクを上抜きピンクが緑を上抜きで鬟團鵐緑の全てが青を上抜き

(この段階で、全てのラインが青の上に位置します)、上昇相場に入ります。

 

勿論、この間に複雑に短期線の動きは入りますが、最終的には、ストキャスティクスのラインの特性上

 必ずこのような収斂拡散を繰り返すことになります。

 それ故に、全てのラインがきれいな形で、右肩上がりであれば、明確に上昇相場であり

 全てのラインがきれいな形で、右肩下がりであれば、明確に下落相場ということになります。

  

この考え方を基に、上昇相場の途中時には、押し目と判断されるポイントで、上向きの

 緑の矢印サインのみ点灯し、下落相場の途中時には、戻りと判断されるポイントで、下向きの

 赤の矢印サインのみ点灯することになっています。


・天底の判断材料としてのストキャスティクス線

天底チャートは、その名前の通り、天底を捉えるチャートというのが基本概念です。

それ故に、ストキャスティクス線のどのような形状が、天底の判断基準(≒白矢印サイン)

となり得るのかをいくつかのパターン(具体例)を挙げながら説明します。

  

パターン1 − 白ラインのみが、上限(下限)に接する 又は、 ほぼ接する。

        この場合は、白とピンク3本が他の中長期線より大きく乖離している場合のみ。

        白矢印のサインが点灯しない場合も多い。

        また、白ラインが上・下限に接した後、逆に大きく反転する場合も多い。

 

パターン2 − 上限(下限)で、白ラインが、ピンクと交差する。

      ピンクの1本目、ピンクの1,2本目の接点、ピンクの1〜3本の接点等さまざま)


パターン3 − 大きな上昇・下落相場で上限(下限)で、ピンク3本が密集し、緑と接する(交差する)。