Mebius-UVの特徴 

まずはじめに、Mebius-UV曲線波形の基本的な特性を理解して頂く必要があります。

Mebius-UVのインジケーターは、その名の通り、メビウスの帯のようにラインの帯が
天井から底底から天井へ収斂拡散を繰り返します。

この特性を生かし、ラインの帯の波形から視覚的に相場転換=エントリーポイントを裁量判断していきます。   

チャートは、一方的に上昇・下落するわけではなく、段階的に上昇・下落していきます。
Mebius-UVの曲線は、この段階ごとの動きを色分けでわかりやすくしています。

Mebius-UV曲線の色分け
第1グループ: 白・ピンクの短期線の帯
第2グループ: 緑の中期線の帯
第3グループ: 青の長期線の帯  
<波形の動きの基本特性による転換点(エントリーポイント)の見方>
第1の転換点: 白・ピンクが一点に収斂し、緑の1本目のラインとクロス(一連の流れの起点です。)
第2の転換点: 白が緑の外枠ラインとクロス
第3の転換点: 白が青の外枠ラインとクロス
   


基本特性通りにきれいな波形となれば、もちろんそのままエントリーポイントとして 採用して全く問題ないのですが、チャートは生き物ですので、実際にはさまざま波形となりますので この3つの基本転換点の全てにエントリーしても無駄も多く発生しますので、効率がよくありません。   

そこで、効率よくトレードできる転換点のみを選択し、そこに集中することが重要です。  


FXやバイナリーオプションでのトレードは

"エントリーポイントが全てです。
 

そのためのトレード手法が、U字・V字トレード法 です。


 U字・V字トレード法 

トレード方法:
 ・バイナリーオプションハイロー3分取引
 ・それ以外のFX、日経225等の場合は、スキャルピングからスイングまで全対応!
通貨ペア:  全通貨
チャートの時間足:
 ・バイナリーオプション 1分足(補完的に5分足も使用)
 ・それ以外のFX、日経225等のご使用は、全時間足に対応!

 U字・V字トレード法 − 基本エントリー方法の3パターン 

パターン     天井・底からの上昇・下落の起点を捉える!

パターン◆    反転のポイントを捉える

パターン:    ブレイクアウトを捉える!


 パターン 天井・底からの上昇・下落の起点を捉える! 

-1.上限域からの下落時

・Mebius-UVラインが何度か上限にタッチした後、緑ラインが横向きに収斂
・最後となる上昇後の反転で、Mebius-UV白ラインが「逆U字」または「逆V字」形状となる。
・白ラインが横向きの緑ラインにタッチ又はクロスで、Lowエントリー
・青の外枠ラインをクロスすれば、追加エントリーも可能。


-2.下限域からの上昇時

・Mebius-UVラインが何度か下限にタッチした後、緑ラインが横向きに収斂

・最後となる下落後の反転で、Mebius-UV白ラインが「U字」又は「V字」形状となる。

・白ラインが横向きの緑ラインにタッチ又はクロス(自転車用のU字ロックのような形状)で、Highエントリー

・青の外枠ラインをクロスすれば、追加エントリーも可能。



『U字・V字トレード法』(その2)に続く・・・・