<エントリーの手順は´△粘蔽院>

 エントリーポイントの基本的な見方(上昇局面) 

上げ1

<手順は´△粘蔽院>
上昇局面では、

 矢印サインの点灯で、エントリーの準備をします。

 矢印サイン点灯状態で、インジケーターのピンク色の帯が、緑の帯を下からすくい上げるような形状であれば、現在のローソク足が確定する数秒前か確定の直後に1分判定または3分判定でハイエントリーします。  

※ サイン点灯=エントリーではありませんので、インジケーターが緑帯をすくい上げるような形状でない場合は、エントリーしません(サイン点灯でエントリーできる頻度は、数回に1度くらいです)。
※ 1分足で、1日にエントリーチャンスは数十回〜100回



< 緑帯をすくい上げる形状 >

同じチャート上で同様なエントリーが可能なポイントは、下の画像のようなインジケーター形状です。
上げ2


上昇局面でのもう1つのパターン押し目からの再上昇
再上昇

上昇局面で、ピンクの帯が緑の帯を下抜けないで押し目をつけて反発した時に

 矢印サインの点灯で、エントリーの準備をします。

 矢印サイン点灯状態で、インジケーターのピンク色の帯が、上部の空白域に上抜ける形状であれば、
現在のローソク足が確定する数秒前か確定の直後に1分判定または3分判定でハイエントリーします。



 エントリーポイントの基本的な見方(下落局面) 

下げ1

<手順は´△粘蔽院>
下落局面では、

 矢印サインの点灯で、エントリーの準備をします。

 矢印サイン点灯状態で、インジケーターのピンク色の帯が、緑の帯にから覆いかぶさるような形状であれば、現在のローソク足が確定する数秒前か確定の直後に1分判定または3分判定でローエントリーします。

※ サイン点灯=エントリーではありませんので、インジケーターが緑帯に覆いかぶさるような形状でない場合は、エントリーしません(サイン点灯でエントリーできる頻度は、数回に1度くらいです)。
※ 1分足で、1日にエントリーチャンスは数十回〜100回



< 緑帯に覆いかぶさる形状 >

同じチャート上で同様なエントリーが可能なポイントは、下の画像のようなインジケーター形状です。
下げ2


下落局面でのもう1つのパターン戻り目からの再下落
再下落

下落局面で、ピンクの帯が緑の帯を上抜けないで戻り目をつけて反転した時に

 矢印サインの点灯で、エントリーの準備をします。

 矢印サイン点灯状態で、インジケーターのピンク色の帯が、下部の空白域に下抜ける形状であれば、
現在のローソク足が確定する数秒前か確定の直後に1分判定または3分判定でローエントリーします。


 2種類のテンプレート 

矢印サインと違い、インジケーターのマーキング表示はリアルタイム点灯ではありませんので、 バイナリーオプションやFXでの短期トレードではマーキングの点灯後のエントリーでは遅れてしまいますので、 標準のテンプレートでは混乱を避ける為、マーキング表示を外しています。

但し、マーキングのポイントは、エントリーポイントとして、あとで振り返って学習効果的に利用できますので そのように利用されたい方にマーキング付きのテンプレートも合わせて2種類を用意しました。 

〜 勝てる形のポイントでマークを表示! 〜

 

FXやバイナリーオプションでのトレードは、"エントリーポイントが全て です。

 

インジケーターがこういう形状になったら上がる、このようになったら下がる

という「勝てる形」をマスターしていくことが勝ちトレーダーになる第一歩です。

 

ただ、この形状をマスターしていくことは口で言うほど簡単ではありません。

「こうなったら」とは、「どうなったら?」という疑問が出ます。

 

そこで、「こうなったら」というところでマーキングのポイントを付けて

誰にでもわかりやすくしました。


※ 上昇の転換ポイントは、 下落の転換ポイントは、

(マーキング表示なし)
M1'

(マーキング表示付き)
M1     


 実は、FXスイングトレードにも有効! 
GBPJPYM15
GBPJPYH1
バイナリーオプション1分足あるいは、1分足でのFX短期トレードに特化していますが
実は、全時間足に対応していますので、FXの中・長期トレードでも有効に利用可能です。

前述のエントリーの方法にてそれぞれの時間足チャートでそのまま応用していただけます。

ご自身のトレードスタイル・スタンスに合わせてご自由にお使い下さい。




 画面説明 

gamen


 上部ウィンドウ  


◆移動平均線付ローソク足チャート

・各移動平均線は、上昇・下落時で色が変化します。上昇時は青色、下落時は赤色

・画面左上端に現在ローソク足確定までの残り秒数を表示


 サブウィンドウ  

◆インジケーター
短期線の帯 :白・ピンク色
長期線の帯 :緑色

  • 白・ピンクの帯が緑の帯の上にあれば上昇局面逆に
    白・ピンクの帯が緑の帯の下にあれば下落局面を意味します。



 矢印サインについて 

・転換の可能性があるポイントで、リアルタイムに点灯します。
・ローソク足確定前に条件不成立となった場合は消灯します。リペイントはしません
・サイン点灯時にアラート音が鳴ります。


 マーキングについて 

インジケーター上のマーキングは、リアルタイムではなく、インジケーターの帯の形状が確定した後の表示となります。(ローソク足で、12本後でのマークキングとなります。)

リアルタイム点灯ではありませんが、マークの表示ポイント(転換点)を振り返って、反復学習することで、
相場転換のポイントが理解できるようになり、慣れれば、点灯前にそのポイントが自然にわかるようになります。
学習効果は抜群です
 

M1_header
販売価格: 19,800円(税込)
order_button




また、Mebius-V3との 超お得な セット商品の販売もはじめました!

set620x620